おすすめレビュー

【レビュー】忘れ物防止トラッカータグ「tile」で追跡!見つける!

2021年9月5日

こんにちは

ケンケン(@Bto777Men)です

 

ついこないだ

ちょっと面白そうなものを見つけました

何かと言うと

「忘れ物防止タグ」です

 

酔っぱらってても、酔っぱらってなくても

いろいろモノをすぐ失くす私ケンケン

財布、鍵、名刺入れ、その他もろもろ…

購入しましたのでレビュー記事を書きました

 

 -君の存在だって何度も確かめはするけど

  本当の大事さは居なくなってから知るんだ

 

金城さん
どっかで聞いたような…

(答え:バンプオブ○キン/Supernova)

 

こんな方におすすめ

  • 忘れ物が多い方
  • 絶対失くしたらいけない持ち物がある方
  • 酔っ払いがちな方
  • 朝バタバタする方

 

そもそもどんな商品?

私が買ったのは「tile」という製品

冒頭にも書いた通り、「忘れ物防止タグ」です

私は鍵につけることにしました

 

見た目はただのキーホルダー

サイズは3.5センチ×3.5センチ

10円玉と比較したら小ささがわかると思います

車のスマートキーとかと比べると2周りぐらい小さいです

厚さも6.2㍉、つけてることで重くなるとかは全くないです

見た目もちょっとオシャレ、よく分からんピッとする何かに見えます

比嘉さん
電子マネー的なやつな

 

これで何ができるの?

この製品の特長は下記です

特長!

  • スマホからtileを鳴らすことができる
  • 逆にtileからスマホを鳴らすことができる
  • スマホと連携して、場所を調べることができる
  • 他の人に探してもらえる

一つづつ見ていきましょう

 

スマホからtileを鳴らすことができる

ちょ待って、鍵ないわ、電話してくれる?

どうやって鍵に電話かけるねん

このやり取りをした方はいないでしょうか

そんな貴方は私並におっちょこちょいです

日々の生活に気をつけましょう

金城さん
やかましわ

 

という会話が本当にできるのがtile

Bluetoothでスマホと接続すれば、tileから音を鳴らすことができます

この小さなサイズからはちょっとビビるくらいの音量です

酔っぱらって帰って鍵をどっかにやった次の日、急いで準備したけど鍵がない朝など

いろんなところをひっくり返して探す必要なくすぐ見つかります

 

逆にtileからスマホを鳴らすことができる

スマホが見つからなくなったら電話で鳴らせばいいですが

2台持ちしてない、一人でいるときはどうしましょう

というかスマホが見つからなくて電話しても常時マナーモードやし

私もそういうタイプです

 

スマホからtileを鳴らすように、tileからスマホを鳴らすことができます

tileにはボタンが一つだけあります

ど真ん中の”tile”と書いているとこがまさにそれ

そのボタンをダブルクリックすると、Bluetoothで繋いでいる携帯が

けたたましく鳴り始めます

この機能が地味に便利

 

スマホと連携して、場所を調べることができる

上で機能の説明をしましたが

Bluetoothで繋がらない、となったらまずどっか外で落としてます

ドンマイケル♪

金城さん
マジかこいつ

 

繋がらんかったら終わりやんけ!この豚野郎!と思った方

一旦落ち着きましょう、座りましょう

 

tileアプリで「最後にBluetoothでスマホとつながった場所と時間」を表示できます

これ、落とし物を探すうえで重要な手がかりになります

モノをなくすときって、どこでなくなったか分からんようになったら

一気に迷宮入りの可能性が出てきます

このビッグヒントは探すうえで重要な手がかりになります

ケンケン
なんか刑事モノっぽいね
比嘉さん
そんなええもんちゃうわ

 

他の人に探してもらえる

それでもなかったという哀しきLoserな貴方

まだあきらめるには早いです

tileには「他の人に探してもらえる」機能があります

別のtileユーザーに検知された場合、貴方のtileアプリに通知が行きます

最後の最後まで諦めず探すことができそうです

 

どうやって使うの?

tileをアプリ上で紐付けするのはめっちゃ簡単です

登録の流れは下記の通りです

 

tileアプリをダウンロード

「tile」を持ってる人はまずアプリを取ってください

Tile - Find lost keys & phone

Tile - Find lost keys & phone

posted withアプリーチ

 

tileを追加する

トップ画面左上の”+”

もしくは右真ん中の”Tileを追加”をタップ

 

tileを起動

”tileを起動”をタップ

 

tileの選択

種類が分かれています

今回は「tile Mate」を登録ですので上をタップ

tileを操作

tileのボタンを押すと音が鳴ります

紐づけし始めてます

 

tileのボタンを押して、「次」を押すと

この画面に変わります

 

こののちに「登録完了」となります

案内に沿って進めたら簡単にできます

アホほど余裕です

 

実際どうよ?

こんなメリットあります

幸いにもまだ鍵を無くしていないので

検証する機会に恵まれていませんが

  • 出かける時に鍵がない
  • 逆にスマホどっかにやった

という際はすぐ探せるのが便利です

 

あとは「失くしても何とかなる」という安心感

保険に買っているようなものです

 

もう1個買っちゃった

実は鍵と同じぐらい落とすのが不安な財布用に

カード型のTileも購入しました

「tile Slim」という製品です

普通のカードサイズです

厚みはクレジットカードとか磁気カードの2枚分ぐらいです

 

デメリットは?

Tileを調べてみたデメリットは下記がありそうです

常時Bluetoothオンしないといけない

Bluetoothとの接続がこの製品に必要です

Bluetoothでつながっていないとただのプラスチック

ずっとオンにすることによる重電消費がネックです

 

Slimは電池交換できない

カード型にまで薄く作られたtile Slimは

電池交換できず使い捨てです

とはいえメーカーの電池寿命目安は約3年

1,000円/年の計算ですね

ちなみにtile Mateの方は電池交換できます

 

価格はどう?

価格に変動はありますが…

記事作成時(2021/9/5)の価格は、Amazonで調べたら下記の通りでした

  • tile Mate(2020) キーホルダー型 : 1,800円
  • tile Slim(2020) カード型 : 3,319円 

 

参考までに鍵・財布を無くした時の損失を想定しましょう

 

【鍵】

  • 鍵開け:(参考)6,600円~
  • 鍵交換:(参考)6,600円~

 ⇒合計:(参考)13,200円~

検索して出てきた業者の価格を載せました

とりあえずこれで13,200円ですが、

ぜっっっっっっっっっっったい!絶対に!

この金額で収まりません

私が鍵を失くして業者に請求されたのは

なんと35,000円

鍵開けただけでです

このお金でどんだけ贅沢できたか…

部屋に帰った時、安心より先に後悔がこみ上げたのを覚えています

 

【財布】

  • 免許証再交付手数料:2,250円
  • 免許証の証明写真代:600円ぐらい
  • 現金:そのとき
  • 財布:使ってるやつ
  • カード類:基本的には無料

 ⇒合計:2,850円+現金+財布+α

その時によるので何とも言えませんが

カード類の紛失は、もうほんまに、ほんまにめんどくさいです

銀行、カード会社やら各所に電話して

停止手続きと再発行手続きを行う必要があります

正直、現金がなくなったダメージよりこっちが響きます

 

あとはお気に入りの財布そのものがなくなる

うん万円、うん十万円の財布を使っていた場合

そのダメージは計り知れません

私ケンケンは一度財布を無くしてからは怖くて

100均の財布を使っていました(本当です)

 

あとはガチでカード不正利用・個人情報流出など犯罪に巻き込まれる恐れがあります

これが一番ヤバいっす

 

まとめ

忙しい生活をされているみなさん

大事なものをなくすことってダメージがエグいです

なくす前にこの”tile”を使って

非常時の備えをしませんか

お試しで買える額かなと思います

私が鍵・財布を無くした時は

涙の再レビューを行いたいと思います

 

気になった方はこちらから

 

今日はここまで

最後まで読んで頂いてありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ケンケン

30代独身会社員のケンケンです! 音楽・お笑い・麺類・旅行・投資などのテーマから 色々なコンテンツをご紹介したいと思います 皆さんが面白いものが見つけるきっかけとなれば嬉しいです!

-おすすめレビュー

© 2022 Boyz to Men